理想の住まいを求めて

お問い合わせ・資料請求資料請求プライバシーポリシーサイトマップセルコホーム本社

理想の住まいを求めて

森の国・カナダで見つけた心地よい住まい、セルコホームが企画、カナダで生産・加工された住まい

なぜ、カナダ輸入住宅なのか。

自然環境保護の取り組みが、木材の品質を守っています。

OECD諸国の中で、第2位の森林保護面積を持つカナダ。自然環境の保護に力を入れる国として知られ、持続可能な森林管理においては、世界的な指導者として認められています。カナダでは現在、森林の樹木を伐採する場合には、環境に与えるすべての影響を検討し、環境にかかる負担を最小限度にとどめることが義務づけられ、また、多くの企業が森林または製品に対して環境に関する認証を受けています。だからこそ、高い品質が保証された天然の木材を安定して供給することができるのです。

カナダの多様で厳しい環境が高性能な住宅を生み出しました。

広大なカナダは南北に長く、極寒の地から夏には35℃を越える地域まであり、また同じエリアでも季節によって気候は実に多様です。こうした条件の中でも快適に暮らすためには、何よりも住まいの性能を高めることが不可欠です。とりわけ、冬の厳しい寒さ対策は住まいの重要課題。早くから断熱・気密、省エネ効果に関する技術開発や改良が繰り返され、住宅性能は飛び抜けて高いものとなりました。その結果、世界にどんな国の暮らしにも順応できる高性能・高品質の住まいとして世界に認められています。

高品質な資材と効率的なシステムで、価格的メリットが追求できます。

カナダは、高品質な資材と効率的な建築システムを世界に輸出しています。北欧やアメリカに比べコストを抑えることができる点も見逃せません。日本へ最も多くの住宅を輸出し、日本のJAS認定工場でもあるカナダのヴァイセロイ社はセルコホームが提携している住宅メーカーです。品質管理の世界基準、ISO9001:2000を取得した工場で生産される部材やパネルを完成に近い形まで加工し、さらに商社を通さず1棟ずつパッケージで直輸入することで、安定した品質と価格的なメリットを実現しています。

1 省エネ先進国カナダ

経済協力開発機構(OECD)によると、カナダは世界でもっとも住環境の整った国のひとつであるとされています。

詳しくはこちら

2 2×4工法発祥の地

1830年代の北米大陸で開発され、全世界に広まった、2×4工法の歴史について解説します。

詳しくはこちら

3 世界が認めた耐震・安全性

カナダの合板の安全性(ホルムアルデヒドの有害物質の量)はJAS規格の最高等級を認定済みです。

詳しくはこちら

4 心地よい住まい

カナダの住宅は日本を始め、アメリカ、ヨーロッパなどに輸出され、そのクオリティの高さが世界に認められています。

詳しくはこちら

カナダ住宅についてさらに詳しくご覧ください。

資料請求はこちら

PAGE TOP

Copyright(c)2013 SELCO HOME, Inc. All rights reserved.